20100817 076


ああ、懐かしい。
あれからもう7年経ったんやなぁ。
7年前のお盆休み明けだった。
うちの犬、ポテさんが
ペットショップから我が家にやって来た
最初の夜の写真。

ずっと犬は苦手と言っていた夫が
ある日突然、犬を飼いたいと言い出したのだった。
どうやら、会社の取引先の方が飼っている
ポメラニアンの可愛さに心打たれたらしい。

当時既に、うさぎとプレーリードッグがいたので
おいおい大丈夫かと心配になったわ。

私はもとから犬も好きだったから
夫の突然犬飼う発言は、たしかに嬉しかった。
でも、ひとえに犬と言いましても。
犬には様々な種類と個性がありますんで。

何より、先住のうさぎ様にストレスかけない
活発過ぎない勝気過ぎない犬でないと。
それを考慮して、本当は一番好きな柴犬は諦め。
ならば、うさぎさんと相性よさげなシーズーか
キャバリアの女の子がいいかなぁ、と
あれこれ想像して楽しんでた。

夫も私も、シーズーいいよなぁと
いう話でまとまりかけていた。

で、何気に立ち寄ったペットショップで見掛けた、
いかにも売れ残りといったイキフン漂う
既にオトナの毛色になっているヨーキーを
見つけた。見つけてしまったのだ。

ヨーキーは仔犬の頃、毛色が黒い。
もちろん、この子の他に
黒々とした仔犬のヨーキーもいた。
ちっちゃな仔犬ばかりいる中で
このヨーキーだけが浮いていた。

他の仔犬たちは、仔犬らしい仕草で
アクリル越しにじゃれついたり
鳴き声でアピールしているのに
このヨーキーは、なんだか
諦めちゃったみたいな佇まいで
ヨーキーというより
インキー(つまらん、笑)。

本音を言えば、生体販売の
ペットショップで
生き物を買うのは気が進まなかった。
しかし、このインキーな
ヨーキーを見ていると
どうしても連れて帰りたいという
気持ちになってしまったのだ。
で、つづくのよ。



スポンサードリンク