ゆるゐゐぬのさんぽ

ポテルカ 愛称ポテ ヨークシャーテリア メス ぽっちゃり

2017年11月

3
20100827 047


この画像は今回の記事に
関係ないんですけどね。

犬を家族の一員に迎え入れて、
まずやるべきこと。

ポテは既に生後8か月過ぎており
成犬になるまでに必要である
3度(最近は2回というケースもあり)
のワクチンは完了しておりました。

しかし、環境が変わって間もない
ポテルカさん。
どこか体調を崩してはいないか
調べる為と、ポテを購入した
ショップの人に、お迎えから
一週間前後に必ず動物病院へ
健康診断に連れて行って
診察結果の連絡をするよう
お願いされたので
(なんて良いお店なのだろう。
 今は変り果てちゃったけどね)
ネットで調べた近所の動物病院へ。

先住のうさぎ・プレーリードッグとは
違って、犬猫は病院に困らないのがイイ。
しかし、数が多いからといって
いい病院が多いとは限らん。
動物病院は、存在している
その半数以上がヤブだと思っている。
それは、人間と違って命が
軽んじられているからだ。
そういう思考の獣医師と
同類の飼い主によって。

だから、とにかく念入りに
検索かけて調べた。

20100827 049

(画像は本文とはあまり関係ありません、あしからず)

でもね、これ言っちゃ
元も子もないんだけどね
検索かけて、口コミ見たところで
実際のところどうなのかなんて
確実には分からないんですよね。

だって、私が当時飼っていた
うさぎさんのかかりつけ病院は
私にとって頼れる先生だけど
ネット上に書かれていた口コミは
酷評でしたもん。
(クセの強いキャラだから仕方ないかも)

高評価の口コミだって
実際にはサクラかも知れんし。
結局、勘で行くのである(笑)


20100827 021

(まだ言うけど本文とは無関係の画像です)

近所にある動物病院は徒歩圏内だと3軒。
その中で、ふと目に留まったのは
まだできたばかりの病院でした。

この病院を選んだのは何故か。
開設したばかりでまだ未完成のHPから
動物に対する愛情のような、
そんな空気が漂ってきたから。

ところで今回も長文になったから
次回に続きます。


3
20100827 002


ポテをお迎えした当初、
季節は夏だった。
8月下旬の残暑厳しい中、
私たち家族は、この
少し遠慮気味な生後8か月の仔犬との
共同生活を始めたばかりだ。

小動物とは全然違うと感じた。
うさぎとプレにとって
飼い主は単にメシ係であり
生活全般を引き受ける
管理者である。
しかし、犬にとって飼い主ってのは
親でありボスでありルールなのだ。
犬にとって飼い主が
自分の存在意義だったりして。
だからちゃんとせねばならんのよ。
飼い主がバカだから
犬がバカになるんだ。

この犬、ポテルカさんが
私たちに心を開いてくれるには
私たちのほうが先に
ポテルカに対してオーーーーープン!
になるのだ。

私たち、頑張ったよ。
頑張ったおかげだよ、
ポテルカは徐々に打ち解けてきて
記事画像のような姿を
見せてくれるようになりました。


20100827 003


無防備な姿で爆睡。
しかもトイレの上。
8月の暑さ、トイレの上で
寝ると少し涼しくなるの??


20100827 004


狭い中で窮屈そうだから
リビングで広々と寝んねさせてやりたい。

しかし当時は犬初心者で
飼育本に書かれたことしか
怖くてできなかったから
「しばらくはケージ内で寝かせる」
を貫いたのでした。

今思えば、お昼寝くらいだったら
お部屋で寝かせても
よかったんじゃないかと(笑)

今はすっかりケージ嫌いになっちゃったよ。
それはちょっと問題だなぁ、
災害時とかに備え、また
ケージで寝んねできるように
なっていただかなければ。




↑このページのトップヘ