FullSizeRender

ご無沙汰です。
ブログ更新が止まっている
その間に、ポテさんは
更に肥えてしまいました。
それがこの腹です。
妊娠してるのではありません。
デブってるのです。

それもこれも、夫が
ポテにおやつを与え過ぎるから。

何故おやつを与えてしまうのかと
夫に訊くと、ポテが明け方に
おやつをねだって
寝られなくなるからだと。

ポテは私にもおやつをねだる
時があるけども、こちらが
応じなければすぐに諦める。
しかし、夫が相手だと諦めない。

ポテは夫のことを
「しつこく押せば必ず落ちる」
と認識している。
要するに、チョロいと思われている。

IMG_2535

ポテ、いつからそんな
オヤジころがしに
なったのか(笑)

「あげてしまうからアカン。
どんなにしつこくねだられても
あげへんかったらええんや」

そうアドバイスしたところ、
耳元でキュンキュンフンガフンガ
鳴かれて寝られない、少しでも
睡眠をとりたいからポテに良くないと
分かっててもあげてしまう、
という返答でした。

ならばだ。
一緒に寝るのをやめればいい。
はい、これで解決だ。

しかし、何故か
「それはちょっと…」
と渋りだす夫よ。
こりゃあかん、完全に
このオヤジころがしに
「転がされとる」。

夫だけの問題で済むなら
勝手にせえや、でいいんだ。
しかしこのおかげでポテが
確実にデブってる。
もう「ぽっちゃり」ではない。
「デブ」の範疇なんだよと
笑い事ではなくなってるんだよと
本気で夫に説得した。

それで、今。

相変わらず就寝時には
寝室にポテを連れて行くが
深夜2時を過ぎて、夫が
熟睡した頃に、こっそりと
ポテを別室に移動させている。

その時のポテは特に
抵抗することもなく
とてもアッサリと連行され
別室にいる間も朝4時半頃までは
とても大人しく静かにしている。

しかし4時半過ぎた頃辺りから
夫の部屋の方を向いて
キュンキュンフンガフンガ
鳴き始めるんだわ。
音量はさほどでもないが
これを耳元で延々やられたら
たしかに参ってしまうわ。

でも別室に移動させるように
なってから、当然ながら
おやつの量が減ったので
少し?お腹のポッコリが
マシになった気がする。
月末の病院が楽しみだ。
…これで全く体重が減って
なかったら…。

あああああああ!!!!
怖い事は考えないようにしよう。

ってなわけで。
今夜中の3時半過ぎに
ブログ書いてる訳ですわ。
そのせいで夫を仕事に
送り出した後で爆睡しとるんです。

ええんかなぁこれで(笑)








スポンサードリンク